大きな反響がある。

松本まりか(写真提供:JP News

5日深夜放送『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、人気女優・松本まりかに密着。話題となった「闇ツイート」の真相に迫り、大きな反響が起きている。


■闇ツイートが話題に

これまで複数回にわたり、松本に密着してきた同番組。1年ぶりの密着では、松本が自身のSNSに投稿した「黒背景に白文字で綴った10枚のツイート」の真相に迫っていった。

ツイートでは「限界だった」「助けてってSOS」といった闇を感じる言葉が用いられていたため、松本を心配する声もあったが、「本当に元気なのでね、そこだけは本当に大丈夫」とまとめられ心配しないよう促されていた。


関連記事:アンゴラ村長、松本人志にかけられた言葉に感激 「ワッとなりました」

■休養でスリランカへ

密着では、多忙だった松本が1ヵ月休養してスリランカに行っていたと告白。番組レギュラー田中みな実は「アーユルヴェーダとかあるからじゃない?」と推測する。

アーユルヴェーダはインドスリランカで生まれた世界三大医学の一つで、日常生活に関わる食事やトリートメント、生命そのものにアプローチする、人気のヒーリング法。

田中のその言葉通り、松本は「一回、自分を取り戻そうと、生活をしようと思って」アーユルヴェーダを体験しに行ったと明かす。


■吐き出されたのが…

アーユルヴェーダで「幸せ」を感じたという松本に、密着した番組スタッフは「闇ツイート」について質問していく。

じつは話題の闇ツイートはアーユルヴェーダ中に綴ったものと判明。松本は「デトックス中。だからウソつきたくない、たぶんマインド出してたんだと思う」と解説し、スタッフも「吐き出されたのがあのツイート?」と驚きの声を上げた。


■充実している松本

松本は「人生で一番プライベートが充実している」「(芸能活動は)スゴく前向き。4月までの行き詰まり感、スコーンって抜けた」と休養して悩みが解消されたと笑顔をこぼした。

視聴者からは「アーユルヴェーダ中のツイートだったのか」といった声があったが、放送後に松本はツイッターを更新。「真相なんて、喋ってない」とつぶやいたため、そちらも話題を集めている。

・合わせて読みたい→松本人志、小学生時代にカツアゲされた経験を語る 「60円返してほしいなー」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

松本まりか、話題集めた闇ツイートの真相を告白? 「ウソつきたくない」


(出典 news.nicovideo.jp)