NGなのか。

麒麟・川島明

17日放送『ラヴィット!』(TBS系)で、MCの麒麟・川島明が出演者の独特な食レポに困惑する一幕があり、視聴者からさまざまな意見が寄せられている。


■プレッシャーあり?

日本でいちばん明るい朝番組を目指す『ラヴィット』。その言葉通り、芸人中心のキャスティングと笑いに特化した企画内容で多くのファンを獲得している。

しかし、ゲストら出演陣には「視聴者から笑いを求められる」プレッシャーがかかっているようで、この日のゲストタレントの岡田結実は「炎上が怖いんです」と本音を吐露。川島は「ちゃんと仕事してくれれば炎上なんて起こらないんですよ」と苦笑する。

「ちゃんと仕事してても炎上してる場合もありましたよ」と反論した岡田に、川島は「まだちゃんと仕事してない、『ラヴィット』ではよ」とイジってスタジオを盛り上げた。


関連記事:野性爆弾・くっきー、女優・伊原六花に猛アプローチ? 「女にしたい、俺の」

■岡田が試食するも…

5月17日永谷園が制定したお茶漬けの日のため、オープニングでは「お勧めのさっぱりしたもの」を紹介していく流れに。

レギュラータレント若槻千夏が「本当においしくて」と激推した、1万円以上する京橋千疋屋のロイヤルマスクメロン・シャーベットを岡田と相席スタート・山添寛が試食・食レポを担当する。

山添は「若槻さんが紹介したことで高級感が減ってます。良い意味で」とコメント。岡田は「ごめんなさい、ホントに。知覚過敏で」とまともに食べられず、若槻は「なんで(この)二人なの」と失笑する。川島も笑いながら「スタジオの下二桁に当たってしまったということで、残念でした」と若槻を労った。


■独特な食レポ炸裂

その後、ビビる大木お勧めの「トマトコーラ」を一気飲みしたミキ・亜生は「トマト。バリ、トマト」とトボケて、川島から「二度と試食させるなよ、あれに」とツッコミが飛ぶ。

さらに川島お勧めの「ライスポテトチップス」を食べた岡田が「なんですかね、なかがないぐらい軽いというか…」と感想を述べたが、川島は「なかはあるんですよ」と指摘。

鰹節で味変したあとも「ホントに、あの…」と言葉に詰まった岡田に川島は「ちょっと今日、帰ろうか? 体調良いけどコンディションが悪いかもな」と笑顔で注意した。


■川島は「撮り直したい」

ほうじ茶味のパフェを食べたビビる大木は「この味、金閣寺」と謎の感想を口にするなど、食レポでふざけ続けたこの日の演者たち。川島はそれらを楽しみながらも「(生放送なのでムリだが)できることなら、ホントにイチから撮り直したい」と嘆いて笑いを誘った。

視聴者も「今日全員食レポスキル失って来た?」「食レポ…美味しいんだろうけど、美味しさがイマイチ伝わってこない、楽しさは伝わってくる」「今日は独特な食レポする人が揃ってるね」と『ラヴィット』らしい食レポを満喫している。

・合わせて読みたい→川島明、クイズに真剣すぎる若槻千夏に説教 「問題VTRじゃないとき…」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

川島明、『ラヴィット』演者の独特な食レポに苦笑 「イチから撮り直したい」


(出典 news.nicovideo.jp)