検証する

新しい未来のテレビABEMAアベマ)」は5日、アニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび 木【浪

川大輔×細谷佳正】#4』を放送した。

本放送では、「カッコいい浪川が見たい!見せたい!SP」を開催。“夜あそび”での浪川のイメージ

いえばすぐにボケたがる生粋のバラエティ声優だが、本当はカッコいい男であることを証明するべく、

カッコいい浪川が見れる(?)さまざまなお題に挑戦。

カッコよくやりきれたのかスタッフが判定する。「片手で卵を割る」では、スマートに片手で割った後

キメ顔を見せたり、「牛丼を勢いよく食べる」では、ワイルドにかき込みながらカメラウインクをし

たりと“カッコいい”を演出する浪川。しかし、やっぱりボケたがりな浪川さんは、段々と方向転

換。

デート中さりげなく車道側に移動する」では、SPのフリをしてボケたり、「喧嘩して帰ろうとする恋

人に壁ドン」では、カメラに向かって壁ドンをしつつ「待てって…土下座するから許して」と泣きすが

ったりと、コントに走る浪川に、細谷も呆れ顔で「もう何がカッコいいのかわからなくなってきました」とツッコミ

また、スタジオに散りばめられたボケに華麗にツッコミできるかというツッコミチャレンジも。細谷さがタメ口、モニターの番組ロゴが『声優と夜ふかし』、ADがボーッと映り込んでいる、カメラが寄り

すぎなどのボケに即座に気づき次々とツッコミを入れた浪川。やはりバラエティ声優であることを証明した。

ほかにも番組内では、「細谷佳正の“気になる”デッドラインはどこだ!?」を実施。“反逆のカリス

マ”と自称し、浪川からも“スタジオファイター”と呼ばれるほど、常識やルールに縛られることが嫌いで、物事を斜めに捉えがちだという細谷。今回、そんな気になるものの基準が細かそうな細谷の“気になる”“気にならない”のデッドラインを探っていった。

実際によく細かい印象を持たれるという細谷だが、自分では「あんまり気にならないほうだと思う」と話し、「家にきた友人が勝手に冷蔵庫を開ける」「現場で挨拶をしないスタッフ」「相手が30分遅刻」「誕生日プレゼントあげたのに自分の時は何もなかった」「台本の名前間違い」などの項目に「気にならない!」と即答。その後も、次々と気にならない判定を下す細谷に、浪川は「もう仏です」とツッコミ。細かそうというイメージを払拭した。一方で浪川は「気になる」を連発。「台本の名前間違い」では、「消された後とか違う人だったのかなって気になるよね。透かして見ちゃう」と話し、笑いを誘っていた。

©AbemaTV,Inc.

関連画像キャプション


(出典 news.nicovideo.jp)