漫才披露へ

1 フォーエバー ★ :2022/05/13(金) 23:15:43.22

 落語家の六代 桂文枝(78)が12日、落語家55周年記念独演会『笑って元気に!いらっしゃーい!!ツアー』大阪・なんばグランド花月(NGK)公演(7月16日)の概要会見に出席。ゲストの一人に西川きよし(75)を迎え、“きよし・文枝コンビ”で漫才を披露する意向を明かした。

【写真】手を振り笑顔を見せる桂文枝

 吉本興業の顔であり、上方落語界の第一人者。関西大学の落語研究会を経て、先代の桂文枝に弟子入りし、桂三枝として創作落語の道を切り拓き、2012年に六代 桂文枝を襲名。テレビ・ラジオでも活躍し、『新婚さんいらっしゃい!』は今年3月まで51年司会を務めた。

 落語家55周年記念独演会は4月16日の佐賀公演から始まっており、6月5日には東京・よみうりホールで開催。そして、桂文枝襲名10年の記念日となる7月16日にNGKに登場する。ゲストには、きよしのほか、東京の林家木久扇、関西大学の後輩コンビ・ジャルジャルを迎える。

 吉本興業は110周年を迎えており、文枝は「半分の55年やらせていただいて、本当に感慨深いです」としみじみ語り、「順風満帆で、こんな幸せいいのかなと思っていた」とファンや会社に感謝。そして「まだまだ元気で、79歳まだまだ頑張るでというところを見ていただきたい」とほほえんだ。

 西川のゲスト出演については、『(今年の)沖縄映画祭の時、たまたま僕があいさつしている時に西川さんが入ってきて、漫才みたいになったときが楽しかった」と言い、「きよし・文枝コンビで新しいネタを作ってやりたい」と意気込んだ。

続けて「ダウンタウンさんのようなあんな思いつきというか、その場の雰囲気で作れるようなことはできませんので、できるだけ稽古して面白い漫才ができたら」と具体的に漫才の言葉を口にし、「吉本にエンタツ・アチャコ先生、一時おられたダイマル・ラケット師匠、やすし・きよし、そのような漫才の続きができれば。55周年、落語もやりますけども、面白かったな、楽しかったなと思っていただけるイベントができれば」と張り切った。

5/12(木) 10:20配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8671b34629e211ab3ae540c54755d67b337c58f6

(出典 i.imgur.com)