語る。

タレント・ヒコロヒー(32歳)が、5月11日に放送されたバラエティ番組「キョコロヒー」(テレビ朝日系)に出演。新型コロナウイルスで自宅療養していた日向坂46齊藤京子(24歳)の生活について「ドイツ心理学実験」と語った。


齊藤は先月、新型コロナウイルスに感染し、10日間自宅療養していたそうで、「4日間ぐらいめっちゃ休めてるなぁ、みたいな。好きなテレビとかYouTubeも毎日同じの観てたんですけど。5日目ぐらいからイライラしてきて」と語る。


ヒコロヒーが「なんで?」と尋ねると、齊藤は「何か毎日13時とか14時ぐらいに起きて、好きなYouTubeテレビを毎回同じものを観て。本当に違うものって食べ物しか違わないぐらい」と答え、ヒコロヒーは「怖いよ」と驚く。

齊藤が「本当に寝る時間とかも観るものも全て同じのをやってたんですよ。『何この日々?』みたいな、『何やってんの自分』みたいに思えてきて」と思ったというと、ヒコロヒーは「1人で勝手にドイツ心理学実験やってるみたいなもん。こういうのをやってみたらどうなるのか」とコメント。ヒコロヒーの言葉に齊藤は「たしかに!」「納得しちゃいましたね」と語った。


(出典 news.nicovideo.jp)