ハンムラビ法典

有吉弘行

9日放送『有吉弘行SUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で有吉弘行が「飲食店で無断撮影をされた」と回顧。そのときの有吉の対処法が話題を集めている。


■顔を隠して活動する芸能人

7日に2021年度年間音楽ソフトのセールス動向をまとめた『第54回 オリコン年間ランキング2021』が発表。アーティスト別セールス部門の新人ランキングでソロアーティストAdoが1位に輝いた。

メジャーデビュー曲『うっせぇわ』などで一躍スターとなった彼女について、有吉は「スゴいね、やっぱりね」と称えながら、「顔出さないんだね、顔出さない人もいっぱいるもんね」とAdoを含めて顔を隠して活動するタレントが増えていると言及する。


関連記事:峯岸みなみ、アラサー迎え今後の芸能活動に悩み 有吉弘行は厳しい指摘も

■飲食店でも…

顔を隠しての芸能活動について「あれいいなと思って」「マスク被れるならそっちのほうがいいわ」と有吉は賛同。すでに世間に顔を知られているため、街で有吉と気づかれる面倒臭さがあると振り返っていく。

「この前もなんか変な、メシ屋でメシ食ってたら写真ガッツリ撮られて、隣のジジィに。なんか愛人みたいな人と来てるジジィがさ、愛人にいいとこ見せようと思って俺の顔バーッと撮ってさ、(小声で)『有吉だ』って(言って)」と見知らぬ男性に無断で撮影されたと怒りをにじませた。


■有吉の対処法

この男性に対し、有吉は「ずーっと撮ってやった、こっちもまた、1時間」と無断撮影を仕返したと告白。

「愛人のほうがこっち気にしてさ、すっげぇイヤな顔をしてんだけどさ。ジジィがさ、撮った…自分が撮った負い目があるからさ、何も言わず黙々と緊張しながらメシ食ってんだよ」と笑う。

「固定してやったんだよカメラ、グラスのとこに立て掛けてずーっと録画してやった」「そっちがやってきたことだからね。犯人をずーっと監視してやったんだよ」と力説。有吉も相手も気まずい、不快な思いをしていたので、お互いに「メシまずかった」だろうと推測し笑いを誘った。


■リスナーの反応は…

「いい加減にしてほしい、ホントに」と笑いながら告白した有吉。

以前から、盗撮・無断撮影に関しては厳しい態度を示してきた有吉らしい対処法にリスナーからは「撮影してくるじじいに、相手の立場になって考えようと教えてあげる有吉さん」「出た。知らん奴を撮影返し」と反応している。

・合わせて読みたい→有吉弘行が目撃されがちな場所が判明 「街をウロチョロしてるから…」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

有吉弘行、無断撮影してくる相手を気まずくさせる方法を実践 1時間ずっと…


(出典 news.nicovideo.jp)