いろいろある

 12月7日、来年1月9日からスタートするNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」の公式ツイッターで、“八重”役として出演する女優・新垣結衣の衣装姿が公開された。

 投稿では八重について、「義時の初恋の人にして、源頼朝の最初の妻。平家を恐れる父・伊東祐親と愛する頼朝との間で板挟みとなり、苦悩する悲運の美女」と解説。着物姿の新垣にフォロワーからは、「相変わらずお美しいドラマ楽しみにしています。悲運な女性をどのようにガッキーが演じるのか興味津々」「来年の大河ドラマ楽しみだな~。ガッキー時代劇って珍しいもんね」「着物姿めちゃくちゃ似合ってますね。当時の人にしてはちょっと身長が高いのはご愛嬌か」などと大反響を呼んでいる。

 しかし一方で、時代劇の役柄からか、いつもより落ち着いた雰囲気に手厳しい意見も。ネット上では、「あれ、ガッキーちょっと肌が荒れてるかな? なんか透明感というか、華を感じないのは気のせい?」「役作りのせいか…かなり年齢を重ねたようにも見える。あのキラキラしたガッキーはどこにいったのだろうか」「結婚してちょっと輝きがなくなった? 普通のアラサーになってきたような気が…」といった指摘もあがっているのだ。

「身長が169センチある新垣は、もともと時代劇に向いていないのではないかという声もあります。また、ガッキーと言えども33歳。時代劇のためガッチリしたメイクでごまかすことができないだけに、素顔に近い顔がどこまで耐えられるか。今回早くも飛び出したように、放送が始まるとそのギャップに戸惑う視聴者も出てくるかもしれません」(芸能ライター

 まずはお手並み拝見といこうではないか。

(ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)