驚き

ベッキー

2日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、タレントベッキーが出演。人気YouTuberフワちゃんの言葉に、思わず涙を浮かべる一幕が見られた。


■「座ることすらできない」

番組では「芸能界のメンタルSP」と題し、メンタルが強い人・弱い人それぞれの代表タレントが出演。ベッキーは「弱い」側での参加となった。

一時期は世間のイメージに合うように、「常に明るい、ポジティブ」「元気、ハッピー」でなければならないと考えていたというベッキー。裏では悩むことも多くあり、本当にメンタルが削られているときには「座ることすらできない」と語っていた。


関連記事:朝日奈央、ベッキーが抱えていた苦悩に共感 「家帰っては泣くよね」

■VTRでフワちゃんが登場

そんなベッキーに、仲良しのフワちゃんからVTRメッセージが届く。その内容は、頻繁に語ってくる「自虐」を止めてほしい、というもの。

具体的には「もう私なんて、バラエティでの笑い方、忘れちゃったわ」といったもので、後輩であるフワちゃんは気を回し「若槻千夏が褒めてたよ」といつも返すそうなのだが、いよいよ返答に困っているのだそう。

最後にはカメラ目線で「これ以上、自虐をしないでください」「ベッキーメンタルを強く持って。自分のことは自分で褒めてあげる!」「分かった? 良い? みんなベッキーに優しくしてあげて!」と熱く訴えた。


■「嬉しくて…」と目に涙

VTRが開けると、「泣きそうになっちゃった。嬉しくて…」と目に涙をためるベッキー。日頃からフワちゃんには元気をもらっていると語った。

思わぬタイミングで涙ぐむベッキーに、驚いた視聴者も多かった様子。ネット上には「明るくハッピーキャラも大変なんですね」といった同情の声のほか、「二人の関係がなんか良い」といったコメントも見受けられた。


■半数「自分はメンタルが弱い」

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名を対象に調査を実施したところ、全体で54.4%の人が「自分はメンタルが弱いほうだと思う」と回答。性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。

自分はメンタルが弱いほうだと思う性年代別グラフ

ちなみにフワちゃんは、学生時代の卒業アルバムに「ベッキーみたいな司会者になりたい」と書くほど、憧れを持っていたという。そのことをテレビで語っている様子をベッキーは動画で撮影し、元気がないときに何度も観ているのだそうだ。

・合わせて読みたい→『ヒルナンデス』フワちゃんの行動に驚きの声 「怒られてない?」

(文/Sirabee 編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

ベッキー、フワちゃんの言葉に突然の涙 『ダウンタウンDX』の一幕に驚く声


(出典 news.nicovideo.jp)