番組スタッフは見直すのかな?

 11月16日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『有吉クイズ』に出演した、ものまねタレントりんごちゃんの奮闘ぶりが話題になっている。

 この日の『有吉クイズ』は2時間スペシャルで、りんごちゃんは番組の中盤に放送された「水上アスレチック できるorできないクイズ」に出演。

 これは、芸能人たちが高難易度の水上アスレチックに挑戦。有吉弘行ら回答者が事前に「できる」「できない」を当てるというクイズだった。
 
 ​>>『有吉ゼミ』大食いロケ、美人アスリートに「仕事しろ」「なんでオファー受けた」と呆れ声<<​​​

 参加者は川合俊一、A.B.C-Zの塚田僚一、ダレノガレ明美ら運動自慢の芸能人ばかり。ラストを飾るりんごちゃんは肥満体型から苦戦が予想されたが、実は学生時代は陸上部で100mの自己ベスト12秒2の俊足の持ち主なのだという。

 第一競技は、水面に浮かんだ木製のいかだの踏み場を走り切る「水面走り」。塚田、ダレノガレは成功したが、りんごちゃんゴール直前で足を踏み外し頭から転落。そのシーンがあまりに衝撃的だったことからスタジオでは「なんてエンターテインメント性のある(落ち方)」「若い頃の出川(哲朗)さんを思い出させる」と高評価。ネットでもりんごちゃん芸術的な落ち方に「腹筋痛いくらい笑った」「めちゃくちゃ面白かった」「お手本のようなリアクションで笑った」という声が相次いだ。

 もっとも、バラエティ的には「おいしい」落ち方であった一方、りんごちゃんヘルメットを装着せずに頭から水中に落ちていた。一歩間違えれば、いかだの縁に頭をぶつけ大事故になっていた可能性もあり、ネットでは「あの落ち方はちょっと心配」「ヘルメット付けてほしい」「危険撮影ではないか」といった声もあった。

 出川と比較されているあたり、リアクションとして芸人かなり大きな爪痕を残せたようだ。ただ、ケガには気を付けてほしいものだ。

りんごちゃん


(出典 news.nicovideo.jp)