成功している。

 お笑いタレントたむらけんじと言えば、上半身マッパに白いフンドシ姿で、「ちゃー」と言うお馴染みの一発芸を思い起こされる方も多いことだろうが、「炭火焼肉たむら」のオーナーとしても有名。2006年12月大阪市城東区に1号店をオープンすると、翌年の11月に早くも2号店をオープン。芸人ながら、実業家としてのイメージも定着させている。

 その、たむらが、芸能リポーター・井上公造氏のYouTubeチャンネル「井上公造チャンネル」に出演。実は他にも、中華料理店、車屋、チーズケーキ通販などなど、数多くの事業を手掛けているのだそうで、年商ランキングベスト3、そして商売の秘訣について言及した。

〈一番稼げる副業は?たむけん最高年商が凄すぎる!【副業年商BEST3を直撃】〉(10月16日付)とした投稿回を観ると、第3位は、コロナ禍によりお家時間を充実させようとの心理からか、「シャワーヘッド販売」。第2位は、焼肉屋のFC事業。これについて、たむらは「本店と同じもの、同じサービスを徹底してくれと言います。そこをフランチャイズの皆さんが守ってくれてるので…」と明かした。

 そして第1位は、やはり本体の焼肉屋。最高時の年商は6億円に及ぶそうで、商売の秘訣を井上氏から問われると、たむらは「Win-Win-Win」、つまりは自分だけが儲けないようにしていると説明した。

 実際に成功を収めているだけに、たむらの言葉には説得力がある。

ユーチューブライター・所ひで)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)