大変そうだ。

 タレント最上もがさんが10月17日シングルマザーとなった理由をTwitterで説明。前日16日深夜のテレビ番組「占いメガネ」(TBS系)に出演し、シングルマザーになったいきさつを初めて告白していました。

【画像】娘との2ショット

 最上さんは2020年11月12日に妊娠を報告するとともに結婚の予定はないと説明。その後、5月1日Instagramで第1子女児の出産を報告しており、以降、子育てに奮闘する様子をつづっていました。

 今回、最上さんが結婚していないことをあらためて宣言したのは、「結婚おめでとう!」と何度か言われたことがあるため。ツイートに「『占いメガネ』でお話した通り、私は振られただけの未婚シングルマザーです」と番組同様、シングルマザーになったきっかけとして、結婚する予定だった相手に妊娠したことを知った上で振られたことを明かしていました。

 続くツイートでは、「言えなかった私が悪いのですが。。」と断片的なニュースを見た人が結婚と誤解してしまうのも仕方がないと理解していることも説明。当時は、「心の整理がつかずシングルの理由を言えなかった時、当時のYahooニュースでめちゃくちゃに袋叩きにされたこと、多分知らない人が殆どだし、叩いた人もなかったことになってるだろうけど」と様々な理由から真実を話せなかったとしていますが、現在は、メンタルも回復したため発表を決意。「『あーあの振られて結婚できなかった人ね!』で大丈夫です!」と様々な受け止められ方も出来るようになったことを明かしています。

 最上さんの説明にファンからは、「自分の人生に責任と使命を持った、カッコいい未婚シングルマザーだよ!」「今が幸せならそれで良いと思います」「もがちゃんのメンタルが回復してきてよかった!」「自分に正直に生きている方だと思いました」など、主に肯定的な声が寄せられました。

同番組出演を告知する投稿(画像は最上もが 公式Instagramから)


(出典 news.nicovideo.jp)