ネット大荒れ

武井壮

26日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、「百獣の王」ことタレント武井壮が出演。物議を醸した麻生太郎副総理兼財務大臣の発言に理解を示した。


■ネット大荒れの麻生副総理発言

番組は新型コロナウイルスに関する話題の中で、麻生副総理の発言がネット上で批判を呼んだことを紹介した。麻生副総理は21日の記者会見にて、「医者の言う話もコロコロ変わってよくわからんね」「人の流れがこれだけ多くて、患者は減ってるんじゃないの今?」と発言。

「『外で飯を食うな』『人に会うな』等々の制限をいつまでされるおつもりなのか? その根拠はなんなのか? 本当にそれで効果があったもんなのか?」と続け、分科会の専門家を念頭に「もう少しプロと言われる方々は、正確な情報を出していただけることを期待しています」と苦言を呈した。


■「素直な感想」と理解

しかし、これらの発言には「他人事のよう」「宣言出してるのはお前らじゃんか」などとネット上で批判が殺到したため、スタジオでもその是非を論じることに。

小山ティナゆうちゃみが麻生副総理に苦言を呈すると、コメントを振られた武井は「言い方ちょっと、配慮が足りないなって感じはしましたけど…」と前置きしつつ、「でも意外と、やっぱ素直な感想なんだろうなと思って」と発言に理解を示す。


■「議論も始まらない」と擁護

続けて、武井は行動制限による効果を「絶対あった」とした上で、「でもこれから先は、もうだって数十%の人がもうワクチンも打ってて、罹りづらいようになってるよっていうことだったら『こっから先はこのまんまでいいの?』っていう疑問は絶対誰かが言わなきゃいけないし」とコメント

感染が落ち着いた今、行動制限の緩和を打ち出すのは当然だとして、「みんな右向け右で、全員が政府で同じこと言ってたら議論も始まらないと思うんで、そういうきっかけにはなっていいと…」と麻生副総理を擁護した。


■太田は「党内部に言うべき」と…

しかし、MCの爆笑問題太田光はこれに割って入り、「でもそれは、自民党“内部”に言うべきことであって」と反論。

「『医者の言うことコロコロ変わるけど、もっとちゃんとしてほしい』って言うんだけど」「必ず、政策を決定するのは政府ですってことをハッキリしないから『分科会が暴走してる』だとかそういうふうになるわけですよ」と政府と分科会の関係性を説いていく。

その後も、「で、野党は分科会の人に『政府にオリンピック中止しろって言ってくれ』って、それはじつは侵しちゃいけないんですよ。学者と政治家は絶対分けてなきゃいけないから。政治家がアレ言っちゃうと、政府がまるで分科会の言うことを聞いて決定したってことに、思ってるようになっちゃうからね」と、両者の関係性を指摘した。

武井壮、ネット大荒れの麻生氏発言を擁護 太田光は「自民党内部に言うべき」


(出典 news.nicovideo.jp)