ヤンキーになる。

映画『地獄の花園』が5月21日に公開されることが決定。あわせて本予告編が解禁された。

『地獄の花園』は、女優の永野芽郁が主演を務める映画。オリジナル脚本をバカリズムが手がけ、Perfumeサカナクション星野源らのミュージックビデオなどで知られる関和亮監督がメガホンをとった作品だ。本作で描かれるのは、普通の生活の裏側で地獄のような派閥争いを繰り広げる“OL”たちの物語。ある日、主人公の直子(永野芽郁)の会社は一人のカリスマヤンキーOLを中途採用したことをきっかけに、全国のOLたちから狙われることになる。主演の永野のほか、広瀬アリスが“カリスマヤンキーOL”蘭役で出演。そのほか、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒や、川栄李奈森三中・大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一小池栄子らがキャストに名を連ねている。

 


解禁された本予告編は、個性豊かな主要キャスト陣が勢揃いしたもの。永野演じる主人公・直子が同僚に一目ぼれするシーンからスタートするが、直後にが人が吹き飛ばされ、ド派手なヤンキーたちの暴言が飛び交う修羅場が次々と登場。川栄李奈演じる“狂犬 紫織”ら営業部、大島演じる“大怪獣悦子”ら製造部、菜々緒演じる“悪魔の朱里”ら開発部と、突如現れた広瀬アリス演じる“カリスマ新人OL”蘭らとバトルロイヤルを繰り広げていく。そのほか、さらにライバル企業のトムスン一派で、遠藤憲一演じる“魔王赤城”、赤城率いる精鋭部隊トムス三銃士こと、勝村政信演じる“青い稲妻 妙子”、松尾諭演じる“下関の虎河豚麻里”、丸山智己演じる“七色の拳を持つ女早苗”、そして、都市伝説と崇め恐れられてきた小池栄子演じる“地上最強の OL 鬼丸麗奈”などの姿も映し出されている。

なお、映像終盤に流れる主題歌については、今後アーティスト情報が発表されるとのこと。

『地獄の花園』は5月21日(金)全国ロードショー



(出典 news.nicovideo.jp)