(出典 pbs.twimg.com)


語る。

 麒麟の川島明が28日、オードリー(若林正恭春日俊彰)がMCを務める番組『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)に出演。若林とともに『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に対する情熱を語った。

 10年前は“麒麟のじゃない方”と言われることが多かった川島に対し、若林は「自分も見てくれ」と思う時はなかったのか聞いた。川島は相方・田村裕の「付き添いだった」「当時は悔しかったし、相方とも仲が悪くなった」と告白。しかし、ピンネタライブを始め、R-1ぐらんぷりで決勝に進出した結果、『アメトーーク!』に呼ばれ始めて状況が変わったそうだ。

 ​>>オードリー春日、日向坂メンバーの質問に即答し若林が「お前芸人辞めろ!」 若手時代に感じた“殺意”も告白<<​​​

 川島によると『アメトーーク!』の「良い声芸人」と「先輩に可愛がってもらえない芸人」に呼んでもらえた時が特にハマったそうで、若林も、「まさに」という企画の時は気合いが入ると納得。若林が「そういう時の『アメトーーク!』に呼んでいただいた時って背負ってるバズーカの数が半端ない」といつも以上にネタを仕込むと話せば、川島も「めちゃくちゃ手りゅう弾入れてるし、ナイフも入れてる。絶対殺したろ(という意気込みでやっている)」と興奮。『アメトーーク!』にかける情熱の強さを語っていた。

 一方で、若林は『アメトーーク!』に呼んでもらった時は、「先輩とかに相談して行く」ほど準備をするが、「たまに事務所の先輩とかで初めて『アメトーーク!』呼ばれたのに、1個もバズーカ(ネタ)を持たずに行って『あんまりだったな〜』とか言う先輩がいるのがめっちゃ腹立つ」と暴露。共演者らを笑わせていた。

 芸人の『アメトーーク!』にかける想いを聞き、ネット上では「やっぱ『アメトーーク!』って偉大なんだな」「『アメトーーク!』は凄い番組なんだ」「心の底で埃がかぶってたような本音が出てきた」と感心する声のほか「若林の言う、バズーカ持たずに手ぶらで『アメトーーク!』参戦する先輩芸人って誰だろう?」「事務所の先輩ってすごい限られるやん」と“先輩”が誰なのか気になる人もいたようだ。

 芸人にとって『アメトーーク!』は、今後の芸人人生を左右する番組のようだ。



(出典 news.nicovideo.jp)