デーブスペクター(Dave Spector)は、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、タレント。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。 放送作家、著作家としても活動する。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。血液型O型。 妻はエッセイスト・コラムニストの京子スペクター。
29キロバイト (3,847 語) - 2020年7月6日 (月) 07:23



(出典 www.sponichi.co.jp)


弟子がいる。

デーブ・スペクター

12日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、デーブスペクターくまモンの描かれた服を着て出演したことに、感動や感謝の声が上がった。

■くまモンがプリントされた服を…

リモートではなくスタジオ出演となったデーブスペクターは、大きくくまモンプリントされた服を着用。とくに説明されることはなかったが、4日から断続雨が降り続き、甚大な被害が出た熊本県を勇気づけるために着ていることは明らかだった。

この日は終始シリアスモード。東京で新型コロナウイルスの新規感染者が200人を超えた話題では「小池知事はwithコロナって言って、without コロナって言ってないんですね。繁華街って言っても東京界隈には200以上あるのに、全部新宿池袋に集中して言われてる」「 PCR 検査を増やして、人と日常的に接触しなければならない仕事の順位で、何万もやったほうがいいっていう世界中の常識になってる」と指摘。

そしてゲスト出演した救急クリニックの医師に対し「 PCR検査の数の少なさ。やっぱりこれから with コロナ時代にちょっと合わないような気がしますけれども、いかがですか」と笑いなしで質問する場面もあった。

関連記事:デーブ・スペクター、検事長と賭け麻雀した記者を批判 「やっぱりサラリーマン」

■弟子の存在が明らかに

そんなデーブが「タジタジ」になったのが、番組終盤。ゲスト出演した松田優作さんの娘、ゆう姫がデーブスペクターについて聞かれ、「この数日前に、デーブさんのお友達と知り合いになって、デーブさんのこと師匠って呼んでらして…」と弟子の存在に言及したのだ。

不意打ちに笑うのみのデーブに対し、太田光は「弟子がいるの?」と質問。すると、黙ってうなずく。驚いた田中裕二は「いくつぐらいの人なの?」と聞くと、ゆう姫は「40歳、男」と笑う。田中は「説明しろよ、デーブさん」と叫ぶが、デーブは「まあ、そう」と笑うのみで、CMが入る。

太田はそんなデーブを番組の「お詫びコーナーで「急に振られると何も喋らなくの何とかしてほしい」とイジった。


■視聴者から感動や感謝の声

デーブが「くまモン」の服を着て番組出演したことに、視聴者から「優しい」「無言の応援。感動した」「九州を応援してくれている。日本を愛してくれている」など、感動や感謝の声が相次ぐ。

また、弟子の存在が明らかになったことについては、「説明してほしい」「そんな人がいるなんて驚き」という声や、「自分も弟子になりたい」と志願する人も出た。

■心が視聴者に伝わる

言及はなかったものの、くまモンの服を着用し、熊本や九州にメッセージを送ったデーブスペクター。その心は、視聴者に伝わったようだ。

・合わせて読みたい→杉村太蔵、議員の賞与満額支給に「政治家も頑張ってる」と持論 批判も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

デーブ・スペクター、くまモンの服を着て九州を激励 弟子の存在も発覚


(出典 news.nicovideo.jp)