石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト・ナレーター・タレント。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。母親は沖縄県石垣島出身。東京都立桜町高等学校に入学、東京都立青山高等
43キロバイト (5,645 語) - 2020年6月30日 (火) 17:07



(出典 news-img.dwango.jp)


ペットも家族の一員です。

石田ゆり子

女優の石田ゆり子が、インスタグラム上の犬猫用サブアカウントで、新しい子猫を迎えたことを告白。1年前に死去した子猫の「ばぶちゃん」に似ていることを明かし、注目を集めている。

■亡くなった「ばぶお」にそっくり

石田が1日にインスタグラムアップしたのは、茶トラのかわいらしい子猫が猫キャリーバックに入っている3枚の写真。石田は昨年の6月に、動物病院から一時預かりをしていた子猫のばぶおを亡くしており、写真の子猫は「ばぶお」にそっくりとのこと。

ばぶおの死後は「ばぶちゃん、いつでも戻ってきていいんだよと小さな骨壺に度々話しかけて過ごしていた」ことを明かし、「ばぶちゃんにそっくりなあまりにもそっくりな月齢も性別もおなじ種類も同じ子猫がわたしの前に現れた」と綴り、子猫を家族に迎えたことを報告している。


関連記事:石田ゆり子がイケメン弟を公開? 髭面が「井口理にしか見えない」

■石田ゆり子からも号泣顔文字が

さらに石田は、子猫が遊んでいる動画を公開し「にゅーばぶお改めバンビです」と紹介。赤ちゃんという意味のバンビーノと、子鹿のバンビ、ばぶおから一文字引継きいでバンビと名付けたと記している。

そんな石田の投稿には、「素敵な天使のおつかい」「皆んなと幸せな日々を」「素晴らしい」と祝福の声が集まり、妹の石田ゆり子からも、「ばんびー」と、嬉し泣きと思われる号泣の顔文字つきメッセージが寄せられている。



■3割が猫動画好き

子猫のバンビが遊んでいる動画にはハートマーク絵文字が多数集まり、「癒される」という趣旨のコメントも書き込まれている。

しらべぇ編集部が、全国10〜60代のSNSYouTubeを利用している男女1,428名を対象に調査したところ、全体の29.2%が「YouTubeツイッターなどで猫の動画を観るのが好きだ」と回答した。

■母性あふれる犬と子猫の友情

2日には、愛犬の「雪ちゃん」が、子猫をかわいがり、自分のおもちゃを貸してあげようとしている動画を公開している石田。

母性あふれる犬と、新入りの子猫の友情に「いいね」が集まり、石田ひかりからは「良かったねえ雪ちゃん」というメッセージが寄せられている。

・合わせて読みたい→石田ゆり子、ウイルスとの戦いを語る 前向きな言葉に共感の声

(取材・文/しらべぇ編集部・星子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代のSNSYouTubeを利用している男女1,428名(有効回答数

石田ゆり子、骨壺に話しかけた日も? 亡くなった猫に激似の子と出会う


(出典 news.nicovideo.jp)