(出典 www.he-fumu.com)


政府の対応もゴテゴテのような感じがします。

ヒロミ

24日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、新型コロナウイルス新規感染者数減少に伴う緊急事態宣言の解除がテーマに。番組準レギュラーヒロミコメントが、視聴者のあいだで話題になっている。

■都のロードマップに注目

25日に改めて解除の判断をするとされている緊急事態宣言。全面解除の方向で調整されているとの報道が出ているが、仮に解除されても、すべての業態が通常営業を再開できるというわけではない。

そこで議題に上がったのが、東京都ロードマップ(行程表)だ。休業要請を3段階のステップに分けて徐々に緩和していくというもので、公的な施設から大規模な商業施設、ネットカフェなどの一部遊興施設へという流れになっていく。

しかし、仮にステップ3まで到達しても、要請緩和の対象にならない業態もある。それは、キャバクラライブハウスカラオケ店、スポーツジムなど、密閉空間であったり激しい運動や接客を伴ったりする業態。

これらはあくまで国の対応を踏まえて、今後検討をしていくとされている。

関連記事:小池都知事、「3密生むのでは?」という出口戦略への指摘に言葉詰まらせる

■「死ねと言われてるのか…」

これに異を唱えたのがヒロミだ。自身もスポーツジムを運営しているだけに強い想いがあるようで、「国にある程度補償を考えてもらわないと、こういう職種の人たちは、やめろって言われてるのか、死ねと言われてるのか…」と違和感を唱える。

さらに東京都知事に対し「お金をどうにかしないと…本当に言ってるだけで、何にもしてないんですよ。やってるような雰囲気なんですけど、何にもしてないんですよ」と強く非難。「本当に何か考えていただかないと…」と言葉を結んだ。


■「怒るのもよく分かる」

このヒロミの発言に、視聴者からは「怒るのもよく分かる。補償も微々たるものだし、やってられない」「我々の意見を代弁してくれてありがとうございます」といった声が。

その一方で、「何もやってないってのは言い過ぎでは?」「確かにさまざまな支給の遅滞は起きてるけど、現場で頑張ってる人もいるのだから」といったコメントも一部には見られた。

■7割「政府対応に疑問」

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,880名を対象に「政府の新型コロナウイルス対応についてどう思うか」調査を実施したところ、7割の人が「疑問を感じている」と回答。また業種別に見ると、自営業の人にその傾向が強く見られた。

方々で向けられている政府への批判。とくに補償の問題は、命にも直結するため死活問題だ。少なくとも、申請者にいち早くお金が行き渡ることを願いたい。

・合わせて読みたい→国民民主・玉木代表、感染防止できない政府に警鐘 「緊急事態宣言出す時」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名 (有効回答数)

ヒロミ、『アッコにおまかせ』での都知事への発言が話題 「さすがに…」と物議も


(出典 news.nicovideo.jp)




青fungi

青fungi

補償はある程度は必要だけど、財源は?補償が充実している北欧とみんな比較するけれど、あそこは直接税、間接税とも段違いに多いし、アメリカやヨーロッパだと個人事業主に対する補償ってないどころか、休まなきゃ罰則ってとこも多いけど。確かに労働者やその働き口である大企業に対する補償は社会維持のために必須だけど…

pisteuo

pisteuo

国が助けてくれるのは当然と言わんばかりな人が多いのは疑問。というか良いとか悪いとか置いといて、行政にそんな期待持ってないというか、そこまでしてくれるわけ無いじゃんと思う。

ゲスト

ゲスト

政治のスピード感ってのは2種類ある。首相や首長が議論を尽くして施策を決めるまでの速さ、施行された施策が実際に行政サービスとして市民に行き届くまでの事務の速さ。今、起こっているのは後者の遅れ。単純にマンパワーが足りない。ただし、その事務が滞る原因となった人員削減・賃金抑制と公務員叩きに明け暮れたのは市民の側であり自らの行いの結果だということを忘れてはいけない。

pisteuo

pisteuo

マンパワーが足りないというのはたしかにと思います。ただ給付金の手続きで浮き彫りになったけれど、マンパワーを活かす仕組み化、システム化ができてなかったというのは市民の側のせいではないのではないかと。

七誌

七誌

何もしてくれないと判ってるなら要請になど従わず、独自判断で営業再開してしまえばいいんじゃないの ?理不尽な要請に誰も反抗せず唯々諾々と従ってるからいつまでもこんなやり方がまかり通るんですよ。

tempra

tempra

いまだに 財源は?とか言うやついるんだな。金使わないと財源増えずにジリ貧だぞ

bourei

bourei

国の支援は欲しいけど、それに伴う規制法案を作ったら独裁政権だとか叩くんだろ、マスコミとか芸能人は。長年、支援は欲しいけど規制はするなって態度を取り続けた結果が現状だろう。

肉キュー

肉キュー

先進国で日本ほど恵まれている環境はないのにねぇ。補償や救済は必要なんだろうけど税金にも限度がある。マンパワーを活かすシステムができていないのを行政のせいというのは無理ですよ、そもそも活かすためのシステム作りを政府は提言したが野党や民衆がプライバシーの権利等の侵害だと騒ぎ立てて白紙にしたんだから。民主主義は民衆がどう行動したかが政治に反映されるんですよ。

ゲスト

ゲスト

マンパワーを活かすシステムと気楽に言うが、日常から人減らしの影響で「通常業務でさえ滞りがちなギリギリの人員」が、「通常業務もこなしつつ、さらに給付金事務まで追加」されてるのだぞ。業務量0の人間を集めて集中的に給付金事務だけやらせる専従システムや組織の柔軟な対応とは次元の違う話。ちなみに、世界の主な国々の中で、日本が一番公務員従事者の人口比率が少ないのだぞ。