(出典 hochi.news)


早く仕事したいと思っているみたいです。

※的場浩司オフィシャルブログより

 俳優の的場浩司が6日に自身のアメブロを更新。新型コロナウイルス感染症の影響で撮影の延期が続く現在の心境をつづった。

 この日、的場は「「新型・コロナウイルス」 この数ヵ月で何度書いたんだろう…」と振り返り、「それだけ深刻な問題なんだよね」とコメント。「ついに緊急事態宣言をするらしい…」と7日に安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための改正特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令することに言及するも、「パニクる必要はありません…自分達に出来うる準備・対策をとり…落ち着いて過ごしましょう」「「いつ・どこで・誰が」感染してもおかしくない…自分の為に…自分の大切な人の為に…不要な外出は控えましよう」(原文ママ)と呼びかけた。

 続けて「さてさて…皆さん、働けてますか?」と問いかけ、「俺は6月に予定していた撮影も延期となりました…早くても7月末になるそうです… バラエティー番組の収録や…打ち合わせも中止・延期が増え…仕事の予定が消えていく」と現状を説明。「芝居がしたい… 芝居がしたい…」「NHK大河ドラマ朝ドラの撮影を休止したらしい… 俺達の居場所は加速して奪われていく… 芝居がしたくてしたくてたまらない…」と胸中をつづった。

 また「役者もスタッフも廃業に追い込まれる人間が間違いなく出てくる…既に廃業に追い込まれた制作会社の話も聞きました…大きな事務所や会社は別かもしれないけど…個人事務所や小さな制作会社は酷しい…日本のエンターテイメント界の危機です…」と述べる一方で、「俺達だけじゃないよね…観光業・飲食業等々…あちこちから悲鳴が聞こえてくる… 堪えるしかない…乗り切るしかない… 辛いのは皆一緒… 早く収束へ向かってくれ…」と祈るようにコメント。「とにかく、極力外出を控えましょう… 絶対に俺達は負けんぞ…」「コロナの野郎… 負けてたまるか… バカッタレが… 数ヵ月後に笑いながら芝居をしてやる」とつづった。

 この投稿に読者からは「毎日ニュースではコロナウイルスの話題しか無いですね」「1日も早い終息願うばかりですよね」「早く今の状況が終結して 的場浩司さんのお芝居 沢山拝見したいです」「的場さんも感染者の多い都市にお住みですので、充分お気をつけください」などのコメントが寄せられている。
 

▶動画:"ロックダウンではない"発言は逆効果?「心の準備とか言っている間に感染は広がる」WHO上級顧問出演

的場浩司、撮影延期が続く現在の心境を吐露「芝居がしたくてしたくてたまらない…」


(出典 news.nicovideo.jp)