サーキットの娘」(サーキットのむすめ)は、PUFFY3枚目シングル。1997年3月12日発売。発売元はエピックレコードジャパン。 曲名は池沢さとし漫画『サーキットの狼』パロディ。タイトルにちなんでレースクイーンがテーマとなっている。 PUFFY2人が出演した、ヤマハ
4キロバイト (302 語) - 2020年1月14日 (火) 16:38



(出典 i.ytimg.com)


昔の曲がCMに。

【元記事を音楽ナタリーで読む】

PUFFYの楽曲「サーキットの娘」が、本日4月3日に放送がスタートしたクラシエフーズのミント錠菓・FRISK WHITEの新テレビCMに使用されている。

【大きな画像をもっと見る】

サーキットの娘」は1997年3月にリリースされたシングル曲で、奥田民生プロデュースおよび作詞作曲を手がけたPUFFYヒットナンバー。この曲が使用されるCMは、“女性の笑顔を支え、応援する”という商品に込められた思いから、モデルや女優として活躍する青柳文子をはじめ、美容師やタクシー運転手、女子高校生など、さまざまな女性の笑顔を切り取った映像に仕上がっている。

PUFFY コメント

CMついて

今回、20年前にリリースした「サーキットの娘」をCMに使用いただけて大変嬉しいです。 「サーキットの娘」はプロデューサー奥田民生さんも大好きな楽曲だとおっしゃっていましたが、私たちも 非常に気に入っている一曲です。自然に笑顔になれるようなこのCMを是非見てもらいたいです。

FRISK WHITEについて

パッケージがとても可愛いなと思いました。スカッとするけれど、ちゃんとフルーツの味もして美味しいです!

笑顔に関するエピソード

最近、吉村家の子供のムービーを見て笑顔になりました! 素で笑っちゃいましたね。 PUFFYの活動の中だと、ライブの時は自分たちでも想像できないくらい笑顔でライブをしています。

メッセージ

今回の新CMにPUFFYの曲で少しでも花を添えられたら嬉しいです。

PUFFY


(出典 news.nicovideo.jp)