昨年の平昌冬季五輪で、ライバルとして激励し合ったスピードスケート女子500メートル1位の小平奈緒選手と、2位の李相花選手が7日、「2018平昌記念財団」から「韓日友情賞」を受賞した。平昌五輪では、3連覇を逃してリンク上でむせび泣く李選手に小平選手が韓国語でねぎらい、抱き合う場面が注目された。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

韓日友情賞の授賞式で、指でハートの形をつくって喜ぶ小平奈緒選手(左)と李相花選手=ソウル市内のホテルで2019年4月7日午後1時すぎ、堀山明子撮影


(出典 news.nicovideo.jp)

冬季競技大会。一般的に平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)と呼称され、平昌五輪と略される。テーマは"Passion. Connected."(韓: 하나된 열정、ひとつになった情熱)。 2011年7月に南アフリカ共和国のダーバンで開かれた第123次IOC総会で、2018年冬季
84キロバイト (10,245 語) - 2019年2月18日 (月) 17:33



(出典 amd.c.yimg.jp)


韓国自身も変わることも必要かもしれませんが、仲良くすることも大事です。

<このニュースへのネットの反応>

賞送るとしても韓日友情賞じゃなくてスピードスケーター友情賞なんだよなあ


親日罪ニダ