錦織がABNアムロ8強入り「初戦よりも格段に良くなった」


NO.7265631 2019/02/15 10:06
錦織がABNアムロ8強入り「初戦よりも格段に良くなった」
錦織がABNアムロ8強入り「初戦よりも格段に良くなった」
男子テニス、ABNアムロ世界テニストーナメント(ABN AMRO World Tennis Tournament 2019)は14日、シングルス2回戦が行われ、大会第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が6-1、6-4でラトビアのエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis)に快勝し、準々決勝進出を決めた。

アジアのトップ選手で世界ランク7位の錦織は、アホイ・アレナ(Ahoy Arena)で行われた一戦を約1時間15分で制し、今大会のラッキールーザーで全仏オープンテニス(French Open)4強入りの実績を持つガルビスから通算3勝目を記録した。

ベスト4入りを懸けた15日の準々決勝で、錦織はハンガリーのマートン・フチョビッチ(Marton Fucsovics)と対戦することが決定。

フチョビッチは7-6(7-1)、6-1で第9シードのニコラス・バシラシビリ(Nikoloz Basilashvili、ジョージア)を撃破した。

今年初めのブリスベン国際(Brisbane International 2019)でキャリア12勝目を飾った錦織は、今季の通算戦績を10勝1敗に更新。

唯一の黒星は途中棄権した全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2019)準々決勝のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)戦のみとなっている。



【日時】2019年02月15日 09:10
【ソース】AFPBB News
【関連掲示板】