芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。



    (出典 pbs.twimg.com)


    そのまま、そっとしておきましょう。

    1 ひかり ★ :2019/11/14(木) 15:58:26.22 ID:e3jGExBp9.net

    11月上旬、東京都心にあるストレッチ専門店の前にタクシーが止まった。車の中から現れたのは、元モーニング娘。の吉澤ひとみ(34)。キャップにスポーティなレギンス姿の彼女は、伏し目がちに店舗の中へと入っていった。

    '18年9月6日に酒気帯び状態で車を運転し、横断歩道の人をはね、ひき逃げしたとして逮捕された吉澤。昨年11月30日に下された判決は、懲役2年・執行猶予5年。

    「求刑2年であれば、懲役1年6月・執行猶予3年ぐらいが“相場”といわれています。裁判官も『各犯行はいずれも同種の犯罪と比べて(程度が)悪質。通常よりも長めの執行猶予期間が相当』と説明したように、
    非常に厳しい量刑でした」(前出・スポーツ紙記者)

    その判決からもうすぐ1年になろうとする10月下旬、スポーツジム関係者から、本誌編集部にこんな情報がもたらされたのだ。

    「元モー娘。の吉澤ひとみさんが、あるストレッチ専門店で働いているようなのです。勤務時間は11時から夕方5時ぐらいのようです」

    吉澤は’15年にIT企業社長と結婚し、’16年7月に男児を出産している。取材を進めると、確かに吉澤は現在、ストレッチ専門店に毎日通ってきており、また、長男を預けるために自宅付近の保育園を利用していることも判明した。

    かつては白いワンボックスを愛車にしていた彼女だが、いまはもっぱらタクシーを利用しているようだ。彼女が住んでいる高級タワーマンションから店まで車で20分ほど。往復では5千円近くもかかってしまう。
    かなり高い交通費だが、それほど彼女にとって“やりがいのある仕事”ということなのだろうか。

    芸能界復帰について彼女自身はどう考えているのだろうか? またどんな気持ちで日々を送っているのか? 本誌は勤務を終えた彼女への取材を試みた。

    ――こちらのお店に勤務されていると伺いましたが?

    「知り合いがいて、こちらで働かせていただくようになりました。今年からですね。子供もいるので、少しでも働こうと考えまして……」

    実は店の客でも、彼女の姿を見た者はいなかった。

    ――具体的には、どんなお仕事なのでしょうか?

    「一般のお客さんにストレッチをしているわけではないのです。店のスタッフの方たちに、私がトレーナーとしてストレッチ術を教えています」

    なんと彼女は“ストレッチの先生”に転身していたという。モー娘。時代から運動能力が評価されていた彼女らしい仕事といえるかもしれない。

    ――芸能界復帰は考えていますか?

    「復帰の予定は、いまのところありません」

    ――判決後もお酒は飲まれているのでしょうか?

    「……お酒は、自宅や居酒屋で1杯とか、少したしなむ程度に飲んでいますが、以前のように毎日飲んだり、飲み歩いたりしているわけではないんです。気をつけているつもりですが、“まったく飲んでいません”と、
    言ってしまうのも違うように思いますので……」

    その言葉を最後に静かに立ち去った吉澤。執行猶予期間満了まで、あと4年。彼女の知られざる更生生活はまだまだ続く。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00010009-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】吉澤ひとみ トレーナー転身していた!初めて語る判決1年の今】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳の時に、ある
    56キロバイト (6,939 語) - 2019年11月13日 (水) 05:06



    (出典 www.rbbtoday.com)


    別れたんですね。

    1 牛丼 ★ :2019/11/13(水) 08:00:04.58 ID:7xhESdQX9.net

    女優剛力彩芽(27)とZOZO創業者でスタートトゥデイの社長の前澤友作氏(43)が破局したことが12日、分かった。この日、ニュースサイト「デイリー新潮」と「NEWSポストセブン」が報じた。剛力の所属事務所も、日刊スポーツの取材に「事実です」と破局を認めた。

    日刊スポーツの取材に対し演劇関係者は、10月初旬、剛力から前澤氏に対して女優業に力を入れたいと申し出たとした。前澤氏は10月4日に新会社「スタートトゥデイ」を設立し、代表取締役社長に就任したと発表。新会社を設立し、多忙になる中、23年には月に行く予定もあり、渡米してトレーニングをする時間も必要。今後の互いの仕事を考え、円満な別れとなったという。

    2人の交際が明らかになったのは昨年4月。同年2月に雑誌の対談で知り合い、交際2カ月とされた。同年7月には2人でサッカーW杯ロシア大会決勝を観戦した様子を双方のインスタグラムで紹介するなどアツアツぶりが話題になっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-11130029-nksports-ent


    【【芸能】剛力彩芽、前澤社長と破局「事実です」と所属事務所】の続きを読む



    (出典 mobilelaby.net)


    ファンにとってみれば、衝撃かもしれないが本人たちにとってみれば、ずっと結婚しないのは辛いのかもしれません。

    <a href="http://aborn.matometa-antenna.com/201911132027.13123508.html" target="_blank">【芸能】嵐SNS、初投稿から13時間でフォロワー125万</a>

    <a href="http://sutx.matometa-antenna.com/201911132120.12940802.html" target="_blank">【芸能】『嵐』解散濃厚!?ファンクラブ“異例の発表”に動揺の声が収まらず…</a>

    <a href="http://matome-crawler.com/gossip/1673754.html" target="_blank">【芸能】嵐とドリカム、12月21日の新国立競技場オープニングイベントに出演へ</a>

    1 muffin ★ :2019/11/13(水) 19:01:55.35 ID:J5j90vn49.net

    https://yukawanet.com/archives/arasi20191113.html
    2019/11/13

    嵐の二宮和也さんの電撃結婚によって阿鼻叫喚の声や、お相手の伊藤綾子さんへの罵詈雑言がネットに溢れかえる事態となっておりますが、それほどに二宮君のファンにとっては衝撃的な結婚報道でありました。しかし件の結婚報道の中に書かれた情報の中に、嵐の他メンバーのファンの方にも流れ弾でダメージを受けてしまうような情報が紛れていたとさらに話題になっていました。

    こちらの記事(下)の中に「嵐の5人にはそれぞれ交際相手がいるが」とはっきり書かれております。これにより他のメンバーのファンで良かった!と言っていた嵐ファンも揃ってダメージを受けてしまう事態に。

    それはアイドルとして言わない約束、隠しておいて欲しい情報のやつ...と落ち込む人。まあ、あれだけ魅力的な人たちですし、なにせみなさんそこそこに年齢もいっているので確かにお相手がいるのは当たり前ですが、信じていたのに...と言う方や非常に物騒な考え方をする方まで。二宮君の結婚報道で現実逃避する方も続出していましたが、まさか嵐ファンが全滅してしまうような情報までぶっこまれるとは...身構えていなかっただけにファンのダメージは重そうです。

    全文はソースをご覧ください

    https://bunshun.jp/articles/-/15429

    国民的人気グループ嵐の二宮和也(36)が、近く結婚を発表することが「週刊文春」の取材で分かった。お相手は秋田放送出身で「news every.」(日本テレビ系)などでキャスターを務めた元フリーアナウンサーの伊藤綾子さん(38)。嵐の5人にはそれぞれ交際相手がいるが、結婚に至ったメンバーは二宮がはじめてだった。

    ★1が立った日時:2019/11/13(水) 16:26:37.35

    【芸能】二宮和也結婚報道で「嵐の5人にはそれぞれ交際相手がいる」と文春砲で判明 ファンが全員卒倒する事態に
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573629997/


    【【芸能】二宮和也結婚報道で「嵐の5人にはそれぞれ交際相手がいる」と文春砲で判明 ファンが全員卒倒する事態に】の続きを読む

    このページのトップヘ