芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。


    「淡麗グリーンラベル」がリニューアル、新CMに多部未華子出演


    (出典 d3ee58ugl9u76b.cloudfront.net)

    キリン『淡麗グリーンラベル』がリニューアル 新CMには多部未華子出演 - ニコニコニュース
    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください 【簡単に説明すると】 ・キリン『淡麗グリーンラベル』がリニューアル ・新CMには多部未華子が出演 ・20万本当たるキャンペーン ...
    (出典:ニコニコニュース)


    多部 未華子(たべ みかこ、1989年1月25日 - )は、日本の女優。東京都出身。ヒラタインターナショナル所属。 小学5年生の頃、ミュージカルの『アニー』を観劇し、同作への出演を目指して中学2年生までオーディションを受けていた。 2002年、スカウトされてヒラタオフィスに所属(それ以前はムーン・ザ
    39キロバイト (4,679 語) - 2019年3月15日 (金) 23:13

    NO.7378149 2019/04/06 16:34
    「淡麗グリーンラベル」がリニューアル、新CMに多部未華子出演
    「淡麗グリーンラベル」がリニューアル、新CMに多部未華子出演
    【簡単に説明すると】
    ・キリン『淡麗グリーンラベル』がリニューアル
    ・新CMには多部未華子が出演
    ・20万本当たるキャンペーンも

    キリンビール株式会社は、発売18年目を迎える『淡麗グリーンラベル』を2月下旬製造品からリニューアルし発売。

    キリン独自の“ホップアロマ”製法によって「発明級のおいしさ」を実現、丁寧に引き出した爽やかなホップの香りが特長。

    よりいっそうおいしくなった糖質70%オフの「淡麗グリーンラベル」を知ってもらう、広告キャンペーンも刷新。

    CMでは、その「発明級のおいしさ」を、「!」(ビックリアイコン)で表現し、「大きなグラス篇」と「たくさんのグラス篇」の2種類を放送、どちらも多部未華子さんがそのおいしさを伝える。

    テーマソングは、2019年3月27日(水)にリリースされたback numberの6thアルバム「MAGIC」の収録曲、『あかるいよるに』。

    2019年4月9日(火)12時00分から4月15日(月)24時00分まで、「新・淡麗グリーンラベルが抽選で20万名様に当たる!」キャンペーンも実施。
    【日時】2019年04月06日
    【提供】ゴゴ通信


    【「淡麗グリーンラベル」がリニューアル、新CMに多部未華子出演】の続きを読む


    嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」


    (出典 otekomachi.yomiuri.co.jp)

    嵐会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外された」! 事務所から「スポニチ」に要請か?|サイゾーウーマン - サイゾーウーマン
    1月27日、ジャニーズ事務所でトップの人気を誇る嵐が、2020年をもってグループ活動を休止すると発表。同日、メンバー5人が記者会見を行った際、あるスポーツ紙記者が ...
    (出典:サイゾーウーマン)


    (あらし、ARASHI)は、日本の男性アイドルグループである。所属芸能事務所はジャニーズ事務所。レコード会社はジェイ・ストーム。1999年9月15日結成。同年11月3日にデビューした。 公式サイトでの記載順。順番はアルファベット順。メンバーカラーを除き、ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィールをもとに記述。
    134キロバイト (11,141 語) - 2019年3月31日 (日) 14:34

    NO.7377974 2019/04/06 14:55
    嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」
    嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」
    1月27日、ジャニーズ事務所でトップの人気を誇る嵐が、2020年をもってグループ活動を休止すると発表。

    同日、メンバー5人が記者会見を行った際、あるスポーツ紙記者が放った「無責任」という言葉をめぐり、ファンを中心にネットが大炎上した。

    その後も当該記者にはバッシングのコメントが相次いでいたが、ついにこの春「ジャニーズの担当を外された」(テレビ局関係者)という。

    「“無責任発言”をしたのは、『スポーツニッポン』のA記者。嵐の活動休止発表会見は、基本的に和やかな雰囲気で進んでいましたが、A記者から『無責任じゃないのかという指摘もあるのでは?』との質問が出ると、メンバーの空気が一変。特に櫻井翔は、やや苛立ったような表情を見せ、『我々からの誠意はおよそ2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です』と反論していました。ネット上では『あの記者、嵐のどこを見て無責任だなんて言ってるの?』『ファンはそんなこと思ってないのに、失礼な記者だ!』などと、A記者に批判が飛び交っていましたね」(芸能ライター)

    一方で、マスコミ関係者の間では、A記者を擁護する声も出ていたそうだ。

    「確かに、『無責任』という言葉のチョイス、また、なぜか半笑いで質問していたのも問題アリですが、あえて答えにくい質問をぶつけて、メンバーの感情を引き出したという点は評価できます。ただ、A記者の発言がきっかけとなり、騒動になってしまったため、ジャニーズ側から『スポニチ』に対して、『強制はしないけど、A記者については、何かしらの対策を取ってほしい』と、要請があったそうです」(前出・関係者)

    しかし、肝心のA記者本人に、反省のそぶりは見られなかったとか。

    「あるジャニーズタレントに『いまお騒がせしている、Aです』と自己紹介をするほどの“おちゃらけぶり”で、周囲もドン引きしていたそう。結局『スポニチ』側が折れるしかなく、この4月から別の記者がジャニーズ担当となりました」(同)

    A記者に代わる「スポニチ」の新ジャニーズ担当は、まだ若手の男性記者だというが……。

    「ジャニーズ側は、今後のトラブルを防ぐためにもベテラン記者を付けてほしかったようですが、それはかなわなかった。ジャニーズは基本的に、テレビや雑誌よりスポーツ紙を優先すると言われており、スポーツ紙にだけ、タレント個人やジャニー喜多川社長のインタビューを行わせることが慣例化しているんです。しかし一方『スポニチ』は、ジャニーズよりもバーニングプロダクションとの関係を優先するスタンスなので、ベテランや腕利きの記者はほとんどバーニングやその周辺の担当になっているんです」(同)

    「スポニチ」の新ジャニーズ担当記者には、熱心なファンをも満足させる記事を、ぜひ作ってもらいたいものだ。
    【日時】2019年04月06日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【嵐、活動休止会見「無責任」発言の記者が「ジャニーズ担当外される」】の続きを読む


    東国原英夫氏、「バイキング」での石野卓球への発言の真意を説明「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」 - スポーツ報知
    元宮崎県知事の東国原英夫氏が6日、自身のツイッターを更新。麻薬取締法違反の罪で起訴され保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告 ...
    (出典:スポーツ報知)



    (出典 snjpn.net)



    1 ひかり ★ :2019/04/06(土) 16:38:45.29

     元宮崎県知事の東国原英夫氏が6日、自身のツイッターを更新。*取締法違反の罪で起訴され保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告について、
    電気グルーヴの相方の石野卓球がツイートを続けていることについて5日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で石野のツイートに
    「電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目でみられるっていうことを自覚されているのか心配」などとコメントしたことへの真意をつづった。

     東国原氏は「昨日(5日)のCX『バイキング』の生OA中の僕の発言(石野卓球氏に対する)がネットニュースになっているようなので、ここで少々補足的説明をさせて頂きます。
    昨日『バイキング』で石野卓球氏のツィートが記事として取り上げられ、コメントを求められた」とした上で「基本・原則、『バイキング』は飽くまで自由討議であり、
    言論統制等はされない。石野卓球氏のツィートに対して、僕は、『親友・同志・相方のピエール瀧氏が反社会的行為に及んだ今回の事件・事実に対し、何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか』
    また『自分が近くに居て、ピエール瀧氏の反社会的行為に気付いてやれなかった。防止する事が出来なかった事への反省の弁』また『今後、ピエール瀧氏の更生や社会復帰を支援する』等の
    コメントがあって然るべきではないかという立場である。これは、飽くまで、僕個人の意見・感想である」と説明した。

     さらに「『バイキング』では毎回、様々な事件・事故・社会問題等が取り上げられ、それに対して出演者に感想や意見が求められる。出演者は、それぞれ各々の知見・世界観・
    思想哲学等に基づいて意見や感想を述べる。飽くまで、自由討議・言論の自由の範囲内である。僕の意見・感想・主張対して、様々な異論や反論も当然あろう。大いに歓迎である。
    石野卓球氏の『TVはバカか老人しか誘導出来ない』という意見・主張も一つの意見・主張として尊重されなければならない。放送上の不適切発言や名誉毀損等に当たらない限り、
    原則、言論の自由である。石野卓球氏の『TVはバカか老人しか誘導出来ない』等の主張に仮に本格的に反論するなら、『バカ』の定義を明確にし、視聴層のデータ、誘導調査等を明示し
    論陣を張る必要があろう」と記していた。

     東国原氏の「バイキング」での発言には、タレントのぜんじろうが6日、更新した自身のツイッターで「石野卓球氏のツイートの件。東国原氏の“社会人として大丈夫なのか”発言ですが、
    *の不祥事くらいで、ここまで騒いで、叩いて、ましてや容疑者でもないメンバーのツイートの中身をあげつらって、正義面でこんなに叩いて商売してる番組を平気でやってるほうが
    “社会人として大丈夫なのか?”」と指摘するなど、波紋が広がっている。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00000120-sph-ent


    【東国原英夫氏、「バイキング」での石野卓球への発言の真意を説明「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」】の続きを読む

    このページのトップヘ