芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。


    新・嫌われ女王 吉田沙保里 嫌悪される「2つの大きな理由」


    (出典 yoshidasaori.jp)

    新・嫌われ女王・吉田沙保里! 嫌悪される「2つの大きな理由」とは (2019年3月27日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    4月から朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の金曜メインパーソナリティーに、元レスリング選手の吉田沙保里が就任すると明かされた。しかし、この起用には批判の声 ...
    (出典:エキサイトニュース)

    吉田 沙保里(よしだ さおり、1982年〈昭和57年〉10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    31キロバイト (3,731 語) - 2019年3月25日 (月) 00:43

    NO.7356257 2019/03/27 13:47
    新・嫌われ女王 吉田沙保里 嫌悪される「2つの大きな理由」
    新・嫌われ女王 吉田沙保里 嫌悪される「2つの大きな理由」
    4月から朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の金曜メインパーソナリティーに、元レスリング選手の吉田沙保里が就任すると明かされた。

    しかし、この起用には批判の声ばかりで、吉田が?嫌われ者?になっている現状が浮かび上がっている。

    女優の鈴木杏樹と交代で吉田が番組に加わるのだが、ネット上には、

    《杏樹からの落差がヒドい…。4月から金曜朝は日テレ見ないわ》
    《朝から吉田沙保里は見たくない》
    《さすがに杏樹の代わりはあり得ない。何枠のつもり?》

    など、散々な声ばかりだ。

    国民栄誉賞を受賞するほどの人気者だった吉田に、一体何があったのだろうか。

    「嫌われ者になった決定的な理由の1つに、『伊調馨のパワハラ騒動』が関係しています。伊調氏は、至学館大学の栄和人元監督からパワハラを受け、谷岡郁子学長からも会見でキツい言葉を浴びせられました。これにより、至学館大学の異常性が世間で問題視されたのですが、このとき、吉田は至学館の副学長だったのです。さらに吉田は、谷岡学長が栄氏を擁護するツイートをした際に、これをリツイート。吉田には伊調氏との不仲説もあり、栄氏らと一緒に伊調氏をイジメていたという疑惑まで..



    【日時】2019年03月27日 10:30
    【ソース】まいじつ


    【新・嫌われ女王 吉田沙保里 嫌悪される「2つの大きな理由」】の続きを読む


    4月からはじまる「働き方改革」にマツコ呆れ 「表に出さない無賃労働が増えるだけ」


    4月からはじまる「働き方改革」にマツコ呆れ 「表に出さない無賃労働が増えるだけ」 - しらべぇ
    『5時に夢中!』で4月から施行される「働き方改革」に対してマツコ・デラックスが苦言を呈した…
    (出典:しらべぇ)


    マツコデラックス(1972年10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、女装タレント。千葉県千葉市(現・千葉市稲毛区)出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。 1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。子供時代から自身が男性同性愛者(ゲイ)である事を自覚しており、幼なじ
    39キロバイト (4,716 語) - 2019年3月23日 (土) 12:50



    (出典 news.careerconnection.jp)



    マツコ・デラックス

    4月から罰則規定のある残業規制も始まる、政府が進めている「働き方改革」。25日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが同政策に関して、テレビ業界の現場を例に苦言を呈した。

     

    ■働き方改革とは?

    働き方改革は「労働環境改善のために政府が打ち出した」法律・政策だ。慢性化する長時間労働、人口減少による労働人口の不足、労働生産性の低迷など、危惧されるべき問題解決のために準備されてきた。

    代表的なものは、残業時間上限の規制、有給休暇の取得推進といった「長時間労働の是正」や、増加する非正規社員の処遇改善を図った同一労働・同一賃金の導入、兼業・副業の推進など。

    「働き過ぎ」を避けるとともに、女性や若者も活躍しやすい労働環境への改善を目指し、4月から順次、本格的に施行されることになる。

     

    ■マツコは苦言

    番組では「4月からあなたの働き方は変わるか」をアンケート調査。マツコは「何も変わらない」と自身の労働環境に改革はないと明言した。

    ただし、テレビ業界に関しては働き方改善のために「どこもADさんを増やしている」と人員を増加していると解説。さらにディレクタープロデューサーなどは「残業のつかない無賃労働をいっぱいすることになる」と指摘する。

    「表に出さない労働が増える。働きたくて働いている人に『そのへんは無賃労働でお願いします』っていうのはどうかと思う。このあたりのケアをキチンとしないと…」と苦言を呈した。


    ■視聴者は「変わらない」

    ちなみに番組のアンケート結果では、「変わる」が2748ポイント、「変わらない」が8949ポイントで、視聴者の多くは「働き方改革をしても自身の労働環境は変わらない」と回答していた。




     

    ■「持ち帰り残業」の増加

    しらべぇ編集部で全国20〜60代有職者の男女633名を対象に調査したところ、全体の28.1%が「仕事を持ち帰って、家ですることがある」と回答している。

    持ち帰り残業年代別グラフ

    残業時間の上限が設けられたことで、家に持ち帰り残業する人が増える可能性は高い。そうなれば、労働環境は改善されたと言えるのだろうか。

    表向きの数字では「残業が減った」となるかもしれないが、数字だけでは測れない苦労を、勤め人は背負うことになりそうだ。

    ・合わせて読みたい→124時間連続勤務をさせられた元従業員がホテルを告訴 「よく行動できた」と称賛相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日2017年12月18日
    対象:全国20代~60代有職者の男女633名(有効回答数)

    4月からはじまる「働き方改革」にマツコ呆れ 「表に出さない無賃労働が増えるだけ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【4月からはじまる「働き方改革」にマツコ呆れ 「表に出さない無賃労働が増えるだけ」】の続きを読む


     タレントラサール石井が、自身のTwitterで引退を表明したイチロー選手を貶める発言を行い、批判が殺到している。

     石井は25日夜、「麻生大臣や桜田大臣の度重なる失言、そしてイチロー氏の韓国ヘイト発言問題。『差別意識があった』とか『意識が低い』というより、そもそも『意識がなかった』のだ」などと、麻生太郎財務大臣と桜田義孝五輪担当大臣の失言と絡め、イチロー選手が韓国にヘイト発言をした旨ツイートする。

     さらに、「多面的に物事を考えるような環境で育ってこなかったから。そしてそれを無知だと恥じる事も必要なかったから」などと3人を痛烈に批判した。

     これにネットユーザーが激怒。「イチローヘイト発言をしていない」「怒りを見せたのは韓国が無礼な振る舞いをしたから」「事実無根」と非難が殺到。また、「イチローの功績を素直に認められないかわいそうな人」「日本の宝を批判して韓国擁護ってどこの国の人ですか?」「韓国を持ち上げるために政権とイチローを貶めるなんて最低」「お前が全然多方面でものを見ていない」という声も出た。

     石井が問題視した発言は、イチロー選手が2006年の第1回WBC開催時のインタビューだと思われる。同選手は記者の質問に答え、「向こう30年日本にはちょっと手が出せないなみたいな、そんな勝ち方をしたいと思います」と発言。それを韓国や日本の一部メディアが「韓国は日本に30年勝てない」と誇張して報じ、「ヘイト発言」などと取り上げたのだ。しかし、実際には「韓国は日本に勝てない」とは一言も言っておらず、「圧倒的に勝ちたい」というのが本意であることは、文面を見ればわかるはずだ。

     韓国は誇張発言に激怒し、日本に予選リーグ第2ラウンドで勝利した際、鬱憤晴らしの意味を込めたのか、マウンドに国旗を立てるという暴挙に出る。この際、珍しくイチロー選手は悔しさを顕わにし、「僕の野球人生で最も屈辱的な日」と語った。

     そして、準決勝で日本が勝利し、韓国を敗退させた際には、静かに「同じ相手に3つ負けることは許されない」と語るイチロー選手がいた。そこには、自身の発言を都合よく切り取られたメディアに対する怒りも含まれているように見えた。

     石井は「ヘイト発言問題」と語っているが、イチロー選手はそもそもそんな発言などしておらず、記者の誘導尋問と切り取りによって「仕立て上げられた」と見る人が多数。そのような状況下で、「イチロー選手のヘイト発言問題」と決めつけたことは名誉毀損にもなりかねないもので、自身が一方の情報だけを信じている。「多方面から物を見ていない」ことは明白だ。

     過去には「浅田真央選手は早く彼氏を作るべき。エッチしなければミキティ(注・安藤美姫選手のこと)やキムヨナには勝てないよ」と発言し、大炎上したことがある石井。今回の発言も不用意なものと言わざるを得ない。影響力のある芸能人が批判を浴びるような発言を連発していることを恥じたほうがいいかもしれない。

    文・神代恭介

    記事内の引用について
    ラサール石井公式ツイッター
    https://twitter.com/lasar141

    ラサール石井の公式ツイッターより https://twitter.com/lasar141


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「韓国ヘイト発言をした」ラサール石井、イチロー選手を批判 “事実無根”“韓国擁護に利用するな”と大炎上 - ニコニコニュース
    タレントのラサール石井が、自身のTwitterで引退を表明したイチロー選手を貶める発言を行い、批判が殺到している。 石井は25日夜、「麻生大臣や桜田大臣の度重なる ...
    (出典:ニコニコニュース)


    “哀川翔がミュージカル初挑戦 ラサール石井演出『HEADS UP!』が上演”. シアターガイド (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。 石井光三オフィス 公式ホームページ ラサール石井の鉄板少年らさある(2006年12月22日 - 2009年4月2日) ラサール石井オフィシャルブログ「ラサール石井の生き急ぎ日記」(2009年4月1日
    35キロバイト (4,758 語) - 2019年3月19日 (火) 06:18



    (出典 geinoucaplog.com)


    韓国の反日はよくないですが、日本のヘイトスピーチもよくないです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「韓国ヘイト発言をした」ラサール石井、イチロー選手を批判 “事実無根”“韓国擁護に利用するな”と大炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ