芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。


    八村効果もなく…フジ独占「バスケW杯」生中継大惨敗のウラ事情 - ニフティニュース
    今年度、高視聴率が望める最後のキラーコンテンツだと期待していたんですが、結果は大惨敗でした……」 肩を落として話すのはフジテレビのスポーツ局の関係者。彼が嘆い ...
    (出典:ニフティニュース)


    八村 (はちむら るい, 1998年(平成10年)2月8日 - )は、日本の男子バスケットボール選手。富山県出身。身長203cm、体重106.6kg、父親がベナン人、母親が日本人。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワード。2019年のNBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名を受けた(全体9位)。
    19キロバイト (2,025 語) - 2019年9月9日 (月) 10:26



    (出典 image.news.livedoor.com)


    高視聴率はとれなかった。次の方法を考えていくしかないのかな?

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/09/18(水) 09:08:35.61

    「今年度、高視聴率が望める最後のキラーコンテンツだと期待していたんですが、結果は大惨敗でした……」

    肩を落として話すのはフジテレビのスポーツ局の関係者。
    彼が嘆いているのは、5日に行われた「FIBAバスケットボール ワールドカップ2019」の日本対アメリカ戦の視聴率。

    フジの独占生中継で、局を挙げて広報にも力を入れていたにもかかわらず、
    平均視聴率は8・1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)と1桁台に沈んだ。

    「日本代表チームが13年ぶりにW杯出場を決め、FIBA世界ランキング1位で、スター選手がズラリと揃うアメリカと対決するのは実に47年ぶりのことでした。
    15%超えはカタいと密かに期待していたんです。しかも、今年は日本人で初めてNBAのドラフト1巡目で指名された八村塁選手(21=ウィザーズ)や
    渡辺雄太選手(24=グリズリーズ)も日本チームとして参戦する。まさに注目の一戦だったんです」(前出の関係者)

    しかしながら、同日、日本テレビで放送された「サッカー・キリンチャレンジカップ・パラグアイ戦」(平均視聴率11・7%)にも惨敗。
    同時間帯のキー局ではほぼ最下位の結果だった。

    「8月25日~9月1日にかけて行われた『世界柔道』も視聴率は4~10%とイマイチの結果でした。
    ここまで来たら、なにかウチは神がかり的に数字から見放されているような気がしてなりません」(編成関係者)

    そもそもフジがバスケットの放送に興味を持ったのはこんな背景がある。

    「世間で“Bリーグ”が認知され、八村選手や渡辺選手らの活躍で『AKATSUKI FIVE(アカツキファイブ)』の異名を誇る日本代表チームの人気も出てきた。
    日本にもバスケットブームが到来したとジャッジしたんです」(スポーツ局関係者)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/261929


    【【テレビ】八村効果もなくフジテレビ独占中継 「バスケW杯」大惨敗・・スポーツ局関係者 「15%超えはカタいと期待していたんですが」】の続きを読む


    「ソフト麺見たことない」鈴木福が語る最近の給食事情 さんまツッコミ「カフェやないか!」 - スポニチアネックス Sponichi Annex
    俳優の鈴木福(15)が17日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。最近の給食事情について語り、共演者たちを驚かせた。 トークテーマは「世代間 ...
    (出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)


    鈴木 (すずき ふく、2004年6月17日 - )は、日本の俳優。東京都出身。ATプロダクション所属。 伊那市子ども大使と新北陸発見大使を務めている。左利き。4人兄弟の長男で、妹(長女)は鈴木夢、弟(次男)は鈴木楽、妹(次女)は鈴木誉。 2006年(平成18年)にNHK教育(当時)の『いないいないばあっ
    69キロバイト (9,709 語) - 2019年9月13日 (金) 17:23



    (出典 nonmedia.net)


    世代が違うので知らないのも無理ないです。

    1 フォーエバー ★ :2019/09/17(火) 22:31:21.49 ID:ioLKTkFb9.net

    俳優の鈴木福(15)が17日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。最近の給食事情について語り、共演者たちを驚かせた。

     トークテーマは「世代間ギャップを痛感した事」。鈴木は「やっぱり給食って、すごくギャップがあると思うんですよ」といい「色んなお話聞くんですけど、脱脂粉乳とかソフト麺とか。でも、実際には見たことないです」と話した。

     MCの明石家さんま(64)に「ソフト麺見たことないの?」と問われると「出来上がった状態ですでに容器に入っていて、それを当番の人が取り分けるんです」と答え、共演者たちは目を丸くしていた。

     元AKB48のタレントで歌手の高橋みなみ(28)が「私の時は瓶の牛乳だった」と振り返ると、女優の小林星蘭(14)が「最近また紙パックの容器になりました。小学生までは瓶だったんですけど」と返し高橋は仰天。さんまは「全然違うんやな。戻ったりしてるんや」とうなずいた。

     鈴木は今日の献立について聞かれ「はちみつレモントーストです」と返答。あまりにも現代的なメニューにスタジオは騒然となる。さんまは「そんなもんカフェやないか!」とツッコミ。「NEWS」の増田貴久(32)も「そんなの若い頃から食べてたら、大人になったらどうなっちゃうんだか」とボヤキ。共演者から「おじさんじゃん」「いきなりおじさん目線になった」とツッコまれていた。

    9/17(火) 22:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000198-spnannex-ent

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】「ソフト麺見たことない」鈴木福が語る最近の給食事情 さんまツッコミ「カフェやないか!」】の続きを読む


    またまた事故を起こし“あおり運転疑惑”が浮上した市原隼人 (2019年9月12日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    俳優の市原隼人(32)が車を運転中、東京都世田谷区で前の車に追突する事故を起こしたことを11日、一部メディアが報じた。報道によると、事故があったのは今月7日正午 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    市原 隼人(いちはら はやと、1987年2月6日 - )は、日本の俳優。愛称は、イッチー。 スターダストプロモーション所属。妻はモデルの向山志穂。 小学校5年生の時に渋谷で[要出典]スカウトされ、芸能界入り。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。 2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。
    25キロバイト (2,724 語) - 2019年8月28日 (水) 07:49



    (出典 xn--t8j0ayjlb8159avq6e.xyz)


    今のご姿勢ではあおり運転には厳しい目が向けられています。あおり運転であれば、厳しく処罰されるのではないかと思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 06:54:28.54 ID:BSvhtr3D9.net

    俳優の市原隼人(32)が車を運転中、東京都世田谷区で前の車に追突する事故を起こしたことを11日、一部メディアが報じた。

    報道によると、事故があったのは今月7日正午すぎ、世田谷区羽根木の環状7号線外回りで、市原が運転する車が、渋滞で停止していた車に追突。
    追突された車は、事故のはずみでさらに前の車にも追突。

    市原にケガはなかったが、追突された2台の車を運転していたいずれも20代の男性が、首の痛みを訴えており軽傷。
    警視庁は、市原の前方不注意とみて調べているという。

    「市原が運転中に事故を起こしたのは今回が初めてではない。2007年3月には市原が運転する乗用車と直進してきた乗用車が衝突。
    また、09年11月には都内で追突事故を起こし、ブログに『車の運転は極力避けようと思います』とつづっていたが、結局、運転はやめられなかったようだ」(芸能記者)

    3度の事故のうち2度までが追突。そこで浮上してきたのがある疑惑だというのだ。

    「見た目が好戦的なのに、車に乗るとさらに荒い性格になるようで、チンタラ走っている車はガマンできないようだ。
    前を走っている車からすれば、まるであおり運転をされたかのような恐怖感を感じているのでは」(テレビ局関係者)

    法整備が検討されているあおり運転だが、今後の仕事のことを真剣に考えるなら、市原はハンドルを握るのをやめた方がよさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2002375/
    2019.09.12 20:50 週刊実話


    【【芸能】またまた事故を起こし“あおり運転疑惑”が浮上した市原隼人】の続きを読む

    このページのトップヘ